夏のアトピーっ子には、汗対策が大切です!!

 暑い暑い!まだ5月というのに一気に暑くなってきました

 ちょっと動いただけで汗が出て、あっという間に のどの下や膝の後ろが汗で痛がゆくなって来ます

 大人の私でさえ こうなのですから、幼いアトピーっ子の肌は、もっともっと汗の刺激にも弱いものです。

 だから、親がそんなに汗をかいていなくても、ちょっと汗ばむなぁ、暑いなぁと感じたら、赤ちゃんや幼児の汗の様子をぜひ見てあげてくださいね。

IMG_01613 (1).JPG


 ちなみに

 汗が出てくる毛穴の数は、生まれた時から同じなのだそうです。

 だから、体が小さな赤ちゃんの頃は、肌の面積の割りに汗腺が密集しているので、大人よりたくさん汗が肌に貯まります。

 しかも

 自分で汗をぬぐうという習慣がないので、腕の内側や首筋、そして、寝たままの赤ちゃんなら、背中やお尻などに、汗がたまったままになっていたりします。

 汗は乾くと塩分になって肌を刺激しますし、汗と一緒に、老廃物の汚れも毛穴から出て、肌を汚しています。

m_IMGP85251.jpg
 今週は、梅の加工で忙しいです


 だから

 お子さんが頭の中までびっしょりと汗をかいているのに気がつかないまま、そのままになっていると、元々 肌が弱いアトピーっ子の場合は、肌の汚れが刺激になって、すぐ赤くなったり、かぶれたり、あるいは あせもになってしまうのです。

 また、

 かきむしったりして、皮膚が痛んでいる状態のお子さんには、汗の刺激がより強くなるため、汗の刺激が肌の状態をさらに悪化させていく、引き金になることも多いんですよ。

 だから、夏にかけてのアトピーっ子は、汗対策が大切 

 ふき取っても塩分は残って刺激になるから、洗い流す方が刺激が減りますよ。

img0901.jpg
夏と冬ではケアが少しずつ違います。イラストは二度クリックすると鮮明になります。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。



夏は、汗をかくことで、衣類に残っている洗剤が溶けだして、皮膚に吸収されやすくなります。湿疹がないのに赤くなったりかゆくなったりはよくあること。そんな時はまず、合成洗剤を止めませんか?肌の刺激はずいぶんと異なると思いますよ。荒れた肌に一番優しいのは、エコベールです。アラウベビーやアラウも敏感肌さんの定番ですよ。安くて人気なのはミヨシ石鹸の「無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん」ですが、いろいろ使ってみて、私は前の二つ押しです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック