葬式や法事で、護摩、線香のにおいが充満!幼い子は、煙には用心してね!

 幼い子供が生まれる頃は、ちょうど代わりで祖父母が亡くなる時期と重なることが多いものです。

 そんな濃い身内の方が亡くなったときには、お通夜や葬式に参加することになりますが

IMG_6680.jpg

 長い時間 締め切った室内で、ずっと線香を絶やさずに居ると、室内にはお線香の香りが充満して、だんだんと煙たくなってきます。

 こんな時、大人は平気でも、気管支が弱い幼いお子さんには、肺やのどへの負担が強いので気をつけてくださいね

 今でこそ、タバコを吸う人は少なくなりましたが、不幸の場とは言え、久しぶりに集まる面々で話が弾み、

 室内にももうもうとタバコの煙が立ちこめる場合もあると思います。

21985356_232756387255105_1427125075915571200_n.jpg

 実は私、以前 風邪が治りきらない時期に、葬式に参加したことがあるのですが

 咳で荒れたのどが敏感になっていたのでしょう、

 ちょっとしたお香やゴマの煙にむせて、咳が止まらず苦しい苦しい 

 子供の場合も同様で、幼い子供は煙に敏感だから、気管が弱い赤ちゃんなどは小さなカラ咳を始めたりします

 不快なことを訴えることが出来ない幼いお子さんだから、異変に気づいてあげられるのは親だけです

 法事の席でも同様で、お経と同時進行で炊かれる護摩も、のどには大変な刺激になります。

 大人にはなんともない空気環境でも、体が小さい子供たちにはキツイ

 ので、どうぞ気をつけてあげてください

 また

 葬儀や法事がらみでアトピーっ子が反応しそうなものとしては、礼服に染みこんだ防虫剤にも要注意です。

 普段着ない服だけに、しっかりこってり防虫剤が染みこんでいる場合が多いので、

 相手にだっこされたり、近くに座ることで、鼻水がでたり、咳が出たりして、反応し始める子がいます。

 
 ご家庭でも、化学物質のナフタリンではなく、上のようなハーブ系の防虫剤がオススメです


 香料が強い女性の化粧品も、人いきれがする閉めきった部屋では、過敏に感じられやすいです。

 人の死は、時に突然、前触れもなく、電話一本で舞い込んできますが、

 悲しくて泣きながらでも、我が子の体調も気にかけて欲しいから、こんな話を書きました。

 
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


●アトピーっ子にオススメな低刺激の洗剤類をまとめてこちらに
●首周りが赤いのは、シャンプーの刺激かもしれません
●敏感肌さんに、arau.ブランド♪アトピーっ子にはオススメですよ



湿疹やカサカサがつらい子におすすめな、包帯がチュビファーストは、皮膚外用薬や保湿クリームを塗スキンケアを効果的にしてくれるチューブ型包帯です。サイズがいくつかあります。緑、青、黄色の順に、包帯が太くなってゆきます。乳幼児の手足なら緑、それ以上の体格なら青を手足に使うのが目安です。青箱が大きめで、使い回しがきくため、一番人気があるようです。これらは、一個から気軽に送料無料で試せますよ。黄色はさらに太くなるため、子供の胴体用にも使えます。伸縮性はありますが、あまりきついサイズにならないよう、選んでくださいね。

●チュビファーストでの手当については、こちらで詳しく載せています

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック