春のお泊り研修や修学旅行でアトピーっ子が気をつけたいこと

 GWが明けた頃から、お泊まり保育、あるいは、修学旅行や、合宿研修がよく予定されています。

 そのため、担任の先生や園や学校に伝えたいことがある場合は、家庭訪問の時期を利用して、わが子の体の状態についてしっかり伝えておくのがおすすめです。

a0960_007910.jpg

 現在も、アレルギーで食べ物に制限があるお子さんだけでなく、ある程度なんでも食べているというお子さんの場合も、宿泊先では食べ慣れない献立が出されたり、フライ物のような、脂っこい食材ばかりが続いて、体の負担になるような場合も結構ありますので、事前に献立はぜひチェック💨

 担任の先生にお願いすれば、施設に確認を取ってくれ、献立表のコピーが手渡してもらえるのではないかと思います。

 また、ソバのような、給食では絶対出されることがない素材も、旅館では出る可能性がないとは言えないので、食べ慣れない食材はないかを調べるのは意味があると思います。

 もちろん、早い段階で連絡を取り合えば、代用の食事が用意してもらえる場合もありますよ。

a0002_009008.jpg

 また、そう食べ物に神経を使わなくても良くなっている場合でも、普段に比べて、フライ類のような、脂っこい食事や、洋食が続くことで、体調を崩す場合があるので、本人にも、羽目を外して食べ過ぎない事や、天ぷら類の衣をはがして中味だけ食べるなど、食べ方に気を付けるよう、念のために注意を促しておいてくださいね。

 そして、つい楽しくて、友達とふとんを敷いた部屋で走り回ったり、まくら投げをすると、ホコリを吸い込みすぎて、咳が出たり、かゆみに悩まされたりも やっぱりあります。

 残念だけど、こんなお泊りのイベントの楽しさは、アトピーっ子の体にとって困った部分でもあります。

 気になるようなら、事前に先生に、気をつけて欲しいことの一つとして、お願いしておくと共に、かゆくなったときには、一体どんな対応をすればよいのかを、メモ書きしてお渡ししておくといいですよ。

 もちろん、本人にも、気を付けるよう、話しておきましょう。(← 男の子の場合は、言っておいてもやりますが、言わないと、どんなことが起こるのかわからないから、もっと激しくやりますので。)

 どなたも、事故なく楽しく過ごして帰れますように。わーい(嬉しい顔)

 ●秋のお泊りや遠足について、少し書き足してUPしました

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

●アトピーっ子にオススメな低刺激の洗剤類をまとめてこちらに
●首周りが赤いのは、シャンプーの刺激かもしれません
●敏感肌さんに、arau.ブランド♪アトピーっ子にはオススメですよ


生まれて間もないお子さんには、液体の泡タイプを使うと、すすぎ残しがなくてよりよいと思います。無添加石鹸の成分は、石ケン素地のみ。これが敏感なお肌に優しいんです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック