水が冷たい手荒れの季節に保存料無添加のハンドクリームはいかが?

 気温が下がると、とたんに水仕事で手荒れがひどくなりますねー。 もうやだ〜(悲しい顔)

 あかぎれと手湿疹は、どちらも手のトラブルですが、あかぎれは主に冬の乾燥する時期に起こり、手の甲側や指が切れて痛い状態なのに対し、手湿疹は年中起こり、痛かったりかゆかったりします。

 そこで、冬の乾燥が原因な あかぎれが、油(脂)、つまり、保湿剤程度で治るのに対し、手湿疹は、ステロイドを使用する軟膏を塗っても、治りにくい事もある皮膚のトラブルです!

 まずは、しっかり症状を見極めてから、それに合った薬や保湿剤を塗ってくださいね。

 「手湿疹」にいくらハンドクリームを塗っても良くなりませんし、逆に、「ひびやあかぎれ」なら、ステロイドを塗らなくても、手当てしだいで楽に治ってしまいますよ。

 例えば、あかぎれについて。

 ちなみに、今の時期に一番キツイのが、「切れ」ですね。

 指先や指の関節部分の皮膚の表面が、乾燥によって潤いを失い、カッターナイフで切ったように、パクッと切れると、水もしみてとても痛いです。

 そんな時、我が家では、切れた部分にワセリンを塗り込み、カットバンなどでフタをして、簡単には はがれないようにしておきます。

 保湿剤に馬油をお使いなら、それでもいいと思います。

 大切なのは、フタをして保湿剤が流れ出ないようにしておくこと。

 これだけの工夫で、とっても安上がりに直せますよ。

 手仕事をやらなくて済む就寝前には、ぜひ試してください。

 一晩でずいぶんとよくなりますよ。

 また、子供の場合は、手の甲にペケ印に浅い切れが入るあかぎれも多いのではないでしょうか?

 手全体のカサカサ感には、こまめに保存料を含まない良質のハンドクリームを!


 朝、家を出る前と、風呂上り後、または、就寝前にき必ず塗るよう習慣づけます。

 ちなみに、アトピーっ子の敏感肌には、添加物や原材料にこだわった低刺激なハンドクリームがおすすめです。

 手を使う仕事は、人によってさまざまですので、保湿剤やハンドクリームは、何本か用意して目が届くところへおいておき、乾いてつらいときや、作業のキリが良い時には、何度でもつけ直したらいいと思います。

 また、お風呂上がりすぐは、塗り薬も保湿剤もとても効果的に効きますので、お子さんの場合は、塗り忘れを防ぐためにも、出たらすぐ、ぜひ手早く皮膚のケアを!

 こまめに保湿して、悪化させなければ、あかぎれは比較的簡単に治せます。

 我が家では、日中こまめに、ハンドクリームをつけるようにして、悪化させないよう気をつけていますが、早く治したい時には、風呂上がりや夜寝る前など、もう手を使う作業はあまりないなという時間帯に、スペシャルケアとして、「グリセリン+ワセリン(馬油でも、オリーブオイルでもOK)」をし、手袋をはめるケアもします。

 グリセリンは、化粧水にもよく使われている植物由来の成分ですが、これと油分を組み合わせて保湿すると、結構よく効きますので、まずは大人の方からお試し下さいね。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。参考になりましたらポチしていただけると、励みになります。

ロコベースリペア クリーム 30g
ロコベースリペア クリーム 30g
その他ハンドクリーム全部はこちら  
\1,890
ナチュロン ハンドクリーム 70g
ナチュロン ハンドクリーム 70g
その他ハンドクリーム全部はこちら
\840 → \749(税込)
白色ワセリン ソフト60g
白色ワセリン ソフト60g
その他乾皮症・乾燥によるかゆみの薬.軟膏はこちら
\630 →\441(税込) 

保存料などが無添加のクリームが人気です。ロコベースリペア クリームはお値段高めですが、大変よく売れている人気の商品です。ナチュロンクリームもロングセラー。塗ってしばらくすると、するりとした手触りに変わります。ワセリンは、広い面積に塗るなら、びん入りよりもソフトタイプの方が、保湿剤としては使いやすいですよ。


るんるん馬油や植物性オイルなどの保湿剤へはこちらから
http://yoikomap.client.jp/skin3.htm#01

アート ワセリン・グリセリンへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/skin3-h-1.htm#02




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック