「幼いアトピーっ子にチョコレートはいらない」これってアリ?

きょうは、バレンタインデーですね。チョコレートは乳製品が入っている商品でもありますから、アレルギーがあると食べられなくて つらい・・・と言うご家庭も多いのではないかと思います。

 でもね

 幼い子供が食物性アレルギーを起こしやすい素材として、アレルゲンとして大きくは取り上げられていないものの、たくさん食べれば、確実に吹き出物や肌荒れる原因になる加工品があります。

 その一つが、チョコレートなのです。

 というのも、

 チョコレートに含まれている、カカオ・ポリフェノールは、アレルギーの原因となる活性酸素の働きを押さえ、アトピーや花粉症に効果的といわれたりしますが、これがチョコレートに加工されると、脂肪分と糖分を多く含んでしまうため、アトピーを悪化させる原因になりやすくなるのです。

 もちろん

アトピーを体験されていない方でも、チョコを食べた翌日に、にきびや吹き出物が増えた、とか肌が荒れたと感じたことがある方って多いのではないでしょうか。

 だから、

 チョコが食べられないからかわいそうだと、ミルク抜きで作った代用チョコレートを、普段から食べさせてあげることって、本当に良いことなのかなぁ

 幼いうちからたくさん食べて、チョコレート好きにしてしまうよりも、甘いものは虫歯にもなるし、アレルギーも起こしやすいのだからと、

せっかく乳製品のアレルギーになったのだから

幼児期にチョコレートは食べないように育てようダッシュ(走り出すさま)

 ・・・と、私は心がけたのですが、これってアリ?

 

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


オーガニックキャロブパウダー 50g
オーガニックキャロブパウダー 50g
その他キャロブパウダーはこちら
\105(税込)
]]むむ バンホーテン ピュアココア 200g
バンホーテン ピュアココア 200g
その他ココアはこちら
:\787(税込)
]]むむ 創健社 有機栽培 ココア無糖(純ココア) 80g
創健社 有機栽培 ココア無糖(純ココア) 80g
その他ココアはこちら
:\651(税込)
乳製品がダメでも、お子さんとチョコの風味を楽しみたい場合には、二通りのやり方があると思います。一つには、左のキャロブ(いなご豆)のさやを粉末にしたキャロブパウターを使うこと。チョコに似た風味が楽しめます。これは制限が多い子向け。また、上のような純ココアで、カカオだけの製品を使えば、花粉症対策としてカカオを利用しやすくなりますし、チョコ味のお菓子や飲み物も作れますよ。





この記事へのコメント

2013年03月04日 15:23
はじめまして(^^)
みいと申します。

チョコレートも食物性アレルギーを起こしやすい素材だと知りませんでした。
娘が食物アレルギー&アトピーなのでとても勉強になりました(^^)

いろいろためになる記事がたくさんあるので、またお邪魔して読ませて頂きます(^^)

ありがとうございました(^^)

よいこ
2013年03月04日 23:52
みいさんコメントありがとうございます
加工品に含まれるアレルゲンって案外見過ごされがち。
包装裏の原材料は、購入前に必ずご覧になるといいですよ。

この記事へのトラックバック