アトピーっ子の体にいいか悪いかを、親が先に試してみるのはおすすめです

 幼いアトピーっ子って、大人にはなんとも感じられない、ほんの少しの刺激で敏感肌がダメージを受けてしまうので、

 その子の肌に合っているのかどうか?

 が、大人の感覚ではわかりにくいものです。もうやだ〜(悲しい顔)

 はじめての子育てでは、いつの間にか肌が赤くなっていていることも多くて、湿疹やかゆみがひどくなってから初めて気づくことも、しょっ中でした。

 そこで、変な話ですが、この間のように自分自身の顔がかぶれてしまったら、

 しまった!ふらふら

 と思う一方で、

 しめた!! 

 とも、つい私は考えてしまいます。

 だって

 自分も肌が荒れて敏感になることで、子供の敏感肌を自分の体で実体験できるのですから、こんなラッキーはありません。


 赤ちゃんや幼児は、痛みやかゆみなどの体の異変を的確に表現する言葉を持ちません。

 
 でも、子育て初心者の頃にはそれがわかっていなかったから、わが子のアトピーに良いと思えば、次から次へと、いろんな食べ物や薬を試していました。

 でも、それって、子供の体に合わなければ、子供の体をよけいに いじめたり、逆に傷つけたりする、傷に塩を塗りこむ行為になったりすることもあります。

 それに気がついてからは、試せるものは全て、まず私が体験してから子供にも使ってみようと考えるようになりました。

 とってもラッキーなことに、我が家で、アレルギーの資質があるのは、ダンナではなく、ほぼ私の方です。

 ということは、

 子供たちがアレルギーを起こす原因になるもの  私にも当てはまる可能性が大・・・ってこと。

 その逆に、私の体に合うものは、子供にも合いやすい・・・かも。 ダッシュ(走り出すさま)

 そこで今回も、せっかく顔がかぶれたのだからと、敏感な状態になっている肌に、うちの子の保湿やかぶれに使ってみたいなと気になっていた保湿剤や軟膏を、いくつか自分の顔の一部に塗って試したりしていました。


 アトピーって、何がわが子に悪いのかが良くわからない病気です。

 だから


 アトピーっ子の子育ては、実験のようなものだな


 ・・・と、ある時から私は考えるようになりました。


 なぜそうなるのかわからない
 
 仕方がないので、仮説を立て、実験し、検証する

 これをアトピー暮らしで置き換えると


 なぜ湿疹が出たのかわからない

 仕方がないので、これがアレルゲンじゃないかなぁと予想を立てる、怪しいと思えるものを取り除き、様子を見て、犯人かどうか確かめる。

 違っていたら、また取り除いて、確かめる。

 アトピー暮らしは、この繰り返しです。


 アレルギーの資質は遺伝子レベルの情報なので、湿疹などの症状を出なくすることは可能でも、完全に体から資質を取り除くことは難しいと私は感じます。

 まさに一生もの もうやだ〜(悲しい顔)


 だから

 自分の体の分身でもあるアレルギー反応を憎まずに、何が良くて何が悪いか、自分の体を優しく試す実験を繰り返しながら、うちの子供たち一人ひとりが、自分自身のアレルギーの資質と円満に暮らす、前向きな道を見つけてくれたらいいなと願っています。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック