少しでもハウスダストを子供に吸わせないためには、ベッドがおすすめです

 リビングや寝室の床は、フローリングと言うご家庭は多いと思います。

 フローリングって、畳のように湿気を含むことがないから、ダニは繁殖しにくいものの、チリやホコリをキャッチして留めておくことができません。

 だから、

 一見きれいに見えても、モップでふけば、意外なほどの チリやほこりが取れて、モップが灰色に汚れてしまう事ってありますよね。

 しかも、部屋の隅には、髪の毛や綿ボコリが知らないうちに吹き溜まりになっていたりします。


 人が生活する = ハウスダストがたまる


 ・・・は、避けられないので、アトピーっ子を育てるご家庭では、掃除機の後には、ふき掃除をプラスして、少しでもハウスダストを減らしてあげたいですね。


 ところで、

 一日の中で、起きているよりも寝ている時間の方が長い 赤ちゃんや幼児では、寝ている時間のホコリ対策も大切だと思います。

 例えばそれは、ベッドのすすめ。

 きちんと掃除が出来る時ばかりではないと思いますし、いくら掃除しても、ハウスダストを完全に取り除くのは難しいので、床の上などにうっすら積もったホコリ類は、人が歩くだけでも風の流れに沿って ふわふわと舞い上がってしまいます。

 目に見えないほど細かくて、空気と一緒に吸い込みやすい、それらのホコリやチリは、床上30センチくらいまでを、いつまでもフワフワ漂いますので、咳が多いお子さんや喘息気味なお子さんに、少しでもそれらを吸わせたくないなら、ベッドのような、ある程度高い位置に寝せてあげるのが正解ですよ。

 うちの子の二人目は、生まれてしばらくしたら、ゼロゼロと胸の音が聞こえる子でした。

 器官が弱く、大きくなるにつれて咳が多くなり、喘息に移行するのかなと心配していましたが、幼稚園に入る前に、思い切ってベッドを入れたら、症状が止まりました。

 幼い子は座っている状態であっても頭の位置が低くて、ただでさえ ほこりを吸いやすい状態にあります。

 そこをべッドを使うことで、少しでもホコリの濃度が少ない場所に頭をおくことができれば、寝ている時間で吸い込むほこりの量も変わってきますから、体が楽になれますよ。

 赤ちゃんを寝かせる時には、特に気にかけてあげてくださいね。

 お昼寝などで、ちょっと・・・と思って床にそのまま寝かすよりも、少し高い位置に寝かせてあげられるといいですね。(もちろん、寝返りがうてるようになってからは、落ちてしまう恐れがあるため、転落対策もきちんと)


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


マイクロファイバー スーパーダスター 3枚組
マイクロファイバー スーパーダスター 3枚組
その他フローリング用クリーナーはこちら
\1,029(税込)
]]むむクイックルワイパー ハンディ 取替え用
クイックルワイパー ハンディ 取替え用
その他モップはこちら
\298(税込)
]]むむアレルケアウェーブ 取替シート 4枚*2個パック
アレルケアウェーブ 取替シート 4枚*2個パック
その他お掃除クロスはこちら
\468(税込)
一番ホコリがしっかりぬぐいとれるのは、やっぱり水ぶき。なかなかそれが出来ない時には、こまめにダストペーパーで床のホコリをふいておくといいですね。
かわいいそのほかの、エコなお掃除グッズへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/index44.htm

img055-11-mimi21.jpg

アトピーっ子に
おすすめの商品

 アトピーっ子にもおすすめな食材や日用品がいっぱい
3,990円以上の注文で、送料は無料です!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • りんごのジャム続編&りんごクレープレシピ

    Excerpt:  先日、「りんごのジャムレシピ」を載せましたが、いただいた紅玉の酸味が程よかったのか、あんまりおいしかったので、ちょっと調子にのりまして・・・・  あれから、暇を見つけては、モリモリ皮をむいて、仕事.. Weblog: アトピーっ子にうれしい 卵と牛乳なしの料理 racked: 2010-02-06 20:41