かんきつ類のお風呂で、アトピーっ子のお肌しっとり&野菜専用洗いについて

 あと十日あまりで冬至。一年で一番昼が短い日がやって来ます。

そういえば、来週はかなり強烈に気温が下がってくるようですよ。気温差が大きいと、幼い子は体調を崩しやすくなりますので、要注意ですね。
 
 ところで、冬至と言えば、

「この一年を風邪を引かずに元気で過ごせますように」

 と、カボチャを食べたり、ユズ湯に入ったりされるご家庭もあるのではないでしょうか。

 ユズ湯には風邪を防いだり、血行をよくしたり、肌を健康にする効能があるとされています。

 気温の低下で暖房がしっかり入るようになると、アトピーっ子のお肌の荒れも加速してきますので、これは気になりますね。

 実は、ユズに限らず、柑橘類をお風呂に浮かべることで、皮に含まれる油分(リモネンなど)がお湯に溶け出すため、何も入れないさら湯より、皮膚に含まれる水分量が高くなり、入浴後も、皮膚から蒸散する水蒸気の量が少なくなって、お肌がしっとりする効果が期待出来るんだそうです。

 さらにもう一つ、柑橘類のさわやかな香りが、気分をリラツクスさせてくれる効果もあるようですよ。


 使い方としては、
 
 半分に切って加えても良いし、鍋物の薬味などでしぼった、使い残しの皮を利用しても良いんです。

 でも、珍しいものを浮かべておくと、子供がすぐいじりますので、種や果肉でお風呂を汚さないためには、ガーゼや木綿などで出来た袋物に入れてから浮かべるのがおすすめです。

 ちなみに私は、弾力性のある排水溝用のゴミネット(もちろん新品で使います)を袋代わりに利用しています。

 細かい種も外にもれずに快適ですし、使用後は柑橘類の本体を取りだし、そのままゴミネットとして再利用出来るから、袋をわざわざ洗う手間がかかりません。

 寒い時期は、肌を刺激するさら湯に代えて、入浴剤も利用したくなる季節ですので、気軽に試してみてくださいね。

 ただし、市販の果物には農薬が使用されています。

 入浴剤として使う場合にも、出来れば無農薬の柑橘類がおすすめですが、手に入らない場合は、水でよく皮を洗った後でボールに入れ、熱湯を注いで、しばらく置いてから取り出すことで、湯に農薬を溶かし出す
効果があります。こんな工夫で、残留農薬を減らしながら使ってみるといいのではないでしょうか。

 また

 輸入フルーツの場合は、収穫後に薬品処理されていますので、薬品の残留濃度は高くなっていますので、利用されるなら、国産のかんきつ類を使うのがおすすめですよ。

 もう一つ気をつけてあげたいこととして

 たくさん入れると、よく効くかも

 なんてやっちゃうと、幼い子の肌には刺激が強すぎることもあるので、様子を見るためにも、まずは1個からどうぞ 揺れるハート

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。


るんるん 野菜洗い専用の洗剤があるのをご存知でしょうか?アトピーつ子の赤ちゃんは、農薬にも過敏な場合がありますので、幼いアトピーっ子に試してみるといいかも。
以前から、よく話題に上っていて人気があるのは、貝殻成分を利用したつけ洗いの洗剤です。でも貝はどうもアレルゲンの可能性が心配と言う場合は、他の成分でも出ていますよ。
この数年は、暖冬が続きましたので、どうしても野菜への農薬が増えていると思われます。葉物の場合は、特に農薬の影響が大きいので、要注意です。
ホタテの力くん 海の野菜・くだもの洗い
ホタテの力くん 海の野菜・くだもの洗い
その他野菜専用洗剤はこちら
\924 → \798(税込)
]]むむ天然素材の除菌・洗浄溶液 SCS(ホッキ貝殻使用) 300ml
天然素材の除菌・洗浄溶液 SCS(ホッキ貝殻使用) 300ml
その他野菜洗浄剤はこちら
\1,260 →\1,258(税込)
]]むむポードペシェ フードナノッシュ つめかえ用 500ml
ポードペシェ フードナノッシュ つめかえ用 500ml
その他野菜洗浄剤はこちら
\2,520 →\1,079(税込)


バッド(下向き矢印) これなんかは、お試しにピッタリなサイズですよ。
ホタテの力くん ホタテで洗浄 野菜・くだものに 1.2g*6包
ホタテの力くん ホタテで洗浄 野菜・くだものに 1.2g*6包
その他野菜洗浄剤はこちら
\312→\266(税込)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック