アトピーっ子の赤ちゃんにも使えるから、こんぶだしはおすすめです

 今でこそ、【だし昆布】の他にも、【刻みめかぶ】、【とろろ昆布】、【根昆布】、【切り昆布】などの昆布製品が、我が家にはたくさん置かれていますが、食物アレルギーに子供たちが悩まされる前までは、そうではありませんでした。

 加工食品やインスタント食品を便利に使うことに何の抵抗もなかった私は、だしも当然の事ながら、化学調味料も使われている市販の「粉末のだしの素」を便利に使っていましたよ。


 だしを昆布でとる 

 ・・・って、普段なさっていますか?

 日本に生まれたら、それが和食のベースのはずなのに、案外、昆布そのものを利用されているご家庭って少ないのではないかと思います。

 じゃぁ、 なぜそうなっちゃったんだろう?

 ・・・と、その元々を考えてみると、

 だしをとる作業を、ちゃんと家庭科で習った記憶が薄い  ・・・か、

 あるいは、

 後片付けが大変な方法でしか、だしのとり方を習っていないため


 だしをとる=めんどくさいこと

 だと、思い込んでいた節が、私にはあります。

 それに、テレビでのだしの素CMが、くり返して、【だしは◎◎の素】と宣伝するものだから、頭の中で、だしはインスタントを使うのが手軽で、それが普通なんだと思い込まされていたんじゃないかなぁ。


 けれど

 たまたま、子供のアレルギーをきっかけに、天然だしで調理するのが当たり前になったら、だしの王道の「昆布」などは、アレルギーを起こしにくいから、本当にありがたいし、しかも、カルシウムをはじめとするミネラル満点!・・・だと痛感しました。

 そのまま食べれば、食物繊維も多い素材なので、本当に便利だなぁと、今は感じます。


 そこで、昆布だしのおすすめなのですが

 ●入れっぱなしの昆布だしとしては、切り昆布や刻みめかぶ、とろろ昆布がおすすめ。昆布粉末を料理に使うとより手軽です。

 ●煮物で煮込んで、おいしいだしが出て、しかも食べられる昆布なら、日高昆布や利尻昆布、早煮え昆布などの名前で売られていて、やや薄め(高級品過ぎると肉厚なので、短時間で煮るのではもったいないため)のだし昆布がおすすめ

 です。

 また、

 ●健康食品として、アトピーの改善を期待して、料理以外に、昆布水にして飲ませたいというのであれば、がごめ昆布や根昆布などもどうぞ。

 
 昆布の味は、値段の違いですから、肉厚で値段が高い出し昆布は、大変良いだしが出ます。

 ただ、これを丸ごと食べようと思えば、時間をかけて煮込んだりしなくてはならないため、昆布を手軽に使いたければ、そのまま食べられる昆布を利用したほうが、調理の手間を省きたい子育て中には便利だと、私は感じました。

 昆布だしなら、赤ちゃんから使えるので、ぜひ利用してみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。



 z1211.jpg
るんるん アトピーっ子におすすめの商品にも、昆布製品をUPしています。

   昆布製品へは、こちらから
   http://yoikomap.client.jp/osusume5-1.htm#1

   こんぶ類の使い方について、こちらのページにさらに詳しくのせていますよ。
   http://yoikomap.client.jp/osusume5-1re.htm



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック