自家製甘酒を、保温調理鍋で簡単クッキング

 今日は、ご飯を多めに炊いて、保温調理器を使って甘酒を作っていました。

 甘酒といえば、飲み物のイメージがあるのではないかと思いますが、我が家では、お湯で薄めて飲むだけでなく、お料理やお菓子にも甘酒を利用しています。

 特に、幼いアトピーっ子の食卓に、甘酒はおすすめです。

 甘酒は、「酒」となっているので、アルコールが入っているような印象を受けるかもしれませんが、ノンアルコール食品です。

 食べるものに制限があって、アトピーっ子のおやつに悩む時には、サトウキビが原材料である「砂糖」を使わない、甘酒のような甘味も上手に料理に使ってみてくださいね。

 例えば、マクロビオティック料理では、お菓子作りの素材としても、甘酒をよく利用しますし、お漬物に使えば、ベッタラ漬け風のお漬物を作ることもできます。


 ただし!


 安価に売られている甘酒は、砂糖を加えた加糖タイプがほとんどで、アレは甘いだけ。

 加糖した甘酒は、実は 「甘酒ナンチャってね」商品で、あまり質が良いものではありません。

 ところが、自宅で手作りすれば


 炊いたご飯 + 米こうじ + 熱湯


 ただこれだけの原材料で、甘~いペースト状の甘酒が意外と簡単に作れちゃうんです。


IMGP7055.JPG
これが米こうじです。スーパーなどでも、結構手軽に何はいるんじゃないかしら?


 IMGP7056.JPG
まずは、炊き立てご飯と麹、お湯を、しっかり混ぜて、保温調理器に入れます。

 そのまま1~2時間置いてから、またしっかりと混ぜ、さらに3~5時間置きます。← 途中で時々混ぜたほうが、発酵が早く進みます。

 また

 寒い地方にお住まいであったり、フタを開けすぎて、鍋の保温温度が低くなっている場合は、鍋と保温器の間に、1C程度のお湯を注ぐと、温度が保たれます。

 IMGP7065.JPG
いつ見ても不思議なのですが、米がたかが数時間のことで、なぜかもう、別の見た目に変わっています。本当に発酵って不思議ですね。

 上のように、ドロドロのペースト状に変わったら出来上がり。お好みの状態で取り出して、冷蔵庫などで保管します。

 甘酒ももちろん、発酵商品ですから、アトピーっ子のお腹に良い菌を育ててくれる素敵な食品です。

 保温調理器がない場合は、魔法瓶(ポット類)でも作れます。

 これからの季節に、本物の甘酒作りはいかがですか?


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。




THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 3.0L トマト KBA-3001 TOM

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 3.0L トマト KBA-3001 TOM

  • 出版社/メーカー: THERMOS
  • メディア: ホーム&キッチン


今年のシャトルシェフ保温調理器は、色も形もずいぶんとcuteでおすすめ♪

THERMOS 真空保温調理器シャトルシェフ 4.5L ステンレスブラック KBA-4501 SBK

THERMOS 真空保温調理器シャトルシェフ 4.5L ステンレスブラック KBA-4501 SBK

  • 出版社/メーカー: THERMOS
  • メディア: ホーム&キッチン


4人以上のご家族なら、4.5Lサイズが使いやすいです。



るんるん  その他の、無添加甘酒やタンポポコーヒーなど、アトピーっ子や妊婦さんに、寒い時期におすすめの飲み物へはこちらからhttp://yoikomap.client.jp/osusume6-1-2-3.htm#1

z1211.jpg
他にも、幼いアトピーっ子に安心して使える食材や、体に優しい日用品を、こちらのHPでいろいろご紹介しています。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック