もしかして、新型インフルエンザが我が家にも?

 先週の金曜日のお昼に、学校から電話がかかってきて

 「熱があるようなので、帰宅させます。」

 「え、ええーーー!!」 あせあせ(飛び散る汗)

 聞いてないよぉ~ がく〜(落胆した顔) 朝は普通に家を出たのに、寝耳に水 ダッシュ(走り出すさま) のお話

 ちょうどお昼を済ませて、出かけようとしていた矢先でしたので、思わず exclamation

「先生すいません!給食食べさせてから帰してください!!ぴかぴか(新しい) 」

 もうやだ〜(悲しい顔) 却下されました・・・ ケチ・・・←どっちが

 やむなく予定を変更して、子供の帰りを待ち、話をよく聞いてみたら、どうやら朝起きてのどが痛かったらしい。

 熱を測ったら、36.7度???

 全然たいしたことはないけれど、「学校では顔が真っ赤で、しんどそうでした。熱も37.2度あります。」と先生が電話で言われていたし、飲み物だけ飲んだら、そのまま「寝るわ」といったので、本当に調子が悪いようです。

 いつもなら、この程度の熱ならそのまま寝かせて様子を見るのだけれど、子供が通う学校ではもうすでに、インフルエンザで学級閉鎖が始まっていましたので、どうしても新型がうつったのではないかと気になります。

 しかも、翌日は仕事で朝から私がいないため、受診には少し早いと思ったのですが、午後から念のために病院へ出向きました。


 結局その時は、インフルエンザの検査は、陰性。 


 インフルエンザと判断されるほどの症状も無く、痛いという のどもそれほど腫れておらず、薬を5種類ほど言われるままに出していただきました。

 すると、出されていた薬の中に、麻黄湯が入っていました。

 先生もたぶん、学校でインフルエンザが流行っているということを考慮して出されたのだと思いますが、風邪薬としても使われる麻黄湯には、抗ウイルス薬としての力があり、先生によっては、タミフルと同様の効力があると考える方もいらっしゃるようです。

 タミフルやリレンザで、10代での異常行動が問題視されていることを思えば、仕事で子供にずっと ついていることが出来ないご家庭では、より安心して使える部分もありますよね。

 ただ、顆粒ですし、漢方薬としての香りも高くて、甘い水薬に慣れた子供にはちょっと飲みにくいようで、しょっぱなは咳こんで吐いてしまいました。


 ああ、もったいない たらーっ(汗)

 そんな投薬をいただいて、週末は過ごしていました。

 長くなるので、続きは次で



るんるん ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック