アトピーっ子の冬のお洗濯で気をつけたいこと

 水温が低くなる冬の時期は、衣類に洗剤の成分が残りやすくなりますし、汚れ落ちも悪くなります。

 特に、アトピーっ子の場合は、直接肌に触れる下着で、肌が刺激を受けることは多いので、冬には洗濯法にひと工夫必要・・・という話を載せてきました。

 そこで対策として、

 しっかり回転するよう、冬の服は少なめに投入し、洗濯物の回転を確認する、洗剤の量は入れすぎない。。。むしろ、洗剤少なめで洗うよう、グッズを併用するくらいが良い・・・などを書いてきました。

 それを受けて今日のお話です。さて

かわいい 三番目に気をつけたいのは、水温です。

 たいていの洗剤は、冷たい水よりも、ある程度 温度が高い水のほうが、汚れ落ちは格段に良くなります。

 おまけに

 水温を上げることで、洗剤成分もしっかり溶けて残留が少なくなるから、いいことづくめですね。

 そんなときに一番便利なのは、お風呂の残り湯を利用したお洗濯です。

 ただし、真冬はお風呂の温度も高めなので、残り湯を入れすぎて、温度が40度前後まで上がると、濃い色の衣類から染料がにじみだして、他の衣類を染めてしまうこともあるから、残り湯ばっかりで洗濯するのは考えものです。

 水温にもよりますが、総水量の1/6~1/3量を残り湯にすることで、よく汚れが落ちて、洗剤の残留が少ないお洗濯をすることが出来ますよ。

 水温の目安は、手を洗濯液に差し込んで、生温かく感じる30度程度あれば十分ですから、注ぐ水が冷たければ、後からでも、少し多めに残り湯を足して調節すると良いですよ。

 もちろん、途中でお湯を足すことが出来ないタイプの洗濯機もあるのではないかと思います。

 その場合には、冷たい水で洗うことしか出来ないため、下着だけは、前回載せましたような洗濯ボールのようなグッズを使うことで水だけ洗いにしたり、少し値段が高めにはなりますが、より洗剤成分に刺激が少ない洗剤を選んで使うと良いのではないでしょうか。

 さらに

 かわいい アトピーっ子衣料のすすぎはしっかりとする というのも、冬場は大事なポイントの一つです。

 つい、早く洗濯を終えてしまいたいからと、短時間での洗濯コースを選んではいませんか?

 通常の洗剤を入れたお洗濯では、2回すすぎコースで、時間も長めに設定して、しっかりすすぐことをおすすめします。

 衣類を入れすぎている上に、すすぎも短時間ですませる洗濯をしていると、汚れが落ちないだけでなく、洗剤もそのまま衣類に残ってしまうので、石けん洗濯の場合は、下着の白が、だんだんと黄ばんでしまいますよ。

 洗濯の水温を上げる、しっかりすすぐの二点は、洗剤を衣類に残さずに、上手に仕上げるための冬の洗濯術のポイントですので、お子さん用の衣類だけでも気をつけてあげませんか?


エコベール ランドリーリキッド(洗濯用液体洗剤) 1500ml
エコベール ランドリーリキッド(洗濯用液体洗剤) 1500ml
その他洗剤 衣類用(液体)はこちら
\1,470(税込)
]]むむクリホーグ 1.2kg
クリホーグ 1.2kg
その他洗剤 衣類用(粉末)はこちら
\1,250(税込)
]]む

洗いほめっこ 1.2kg
洗いほめっこ 1.2kg
その他ホメオパシー エコロジーはこちら
\1,680(税込)
上に書いたようなことに気をつけながら、ていねいに洗濯すればよいのはわかっていても、時間的に難しいという場合もありますね。手間をかけずに低刺激なお洗濯をしたいという場合に、やや値段は高いのですが、食品成分などで出来た、こんなエコ洗剤類もありますよ。通常の石けん成分の洗剤が合わないなと感じる赤ちゃんにも試してみてくださいね。


そのほかにも

るんるん 低刺激な自然派洗剤へは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/osusume2.htm

かわいい 食料品&日用品で、「アトピーっ子におすすめの商品」トップへは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/index.htm


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック