アトピーっ子の冬のシーツには、気をつけて!

 ちょっとずつ朝晩が寒くなってきましたねぇ。毛布と薄手のかけ布団程度では肌寒い日も出てきましたので、大人用に肉厚のかけ布団を、今日出しておきました。

 子供たちが、アトピーに悩まされて、肌にかゆみがある頃は、布団に入ってしばらくして、ちょっと温まった寝入りばなに かゆみが出てつらい日も多かったので、冬は特に、寝具には気を使っていました。

 たとえばシーツですが、夏でも冬でも、肌への当たりが優しい、平織りタイプでした。

 親心から、寒いだろうと タオル地や起毛のシーツを敷けば、ほんの少しの毛羽立ちが、表面が荒れている皮膚を刺激して、かゆかったり痛かったりしますし、毛がたっぷりと立っているシーツの場合は、綿ほこりも出やすいため、布団に入ったり寝返りをした拍子に、ほこりを吸い込んで、咳や鼻水が出はじめたりする事もあり、お子さんには マイナスです。

 起毛のないシーツだと、冬場は入った瞬間に冷たくひんやりしますが、子供は体温も高いので、じきにふとんも温まりますから、カゼを引く心配はありません。

 気になるのなら、寝る時間より少し前に、湯たんぽなどで少し温めてあげてはいかがでしょうか。

 また、かきむしって血がついたり、皮膚がポロポロ落ちるからと、頻繁にシーツを取り替えなければいけない時は、シーツの付けはずしも大変です。

 そこで、簡単に取り外せて、家事の手間が減るよう、ホテルタイプのフラットな一枚生地のものもおすすめですよ。

 子供用の布団は、大人用のシーツよりも少し小さいため、しっかり布団の下へ折り返せるので、よほど寝相が悪くても、シーツがめくれないから、その意味でもいいんじゃないかしら。

 薄手の平織りだと、洗うのに場所をとらないし、干せばすぐ乾くから、お洗濯の負担も軽くなります。 

 我が家の場合は、特殊な生地でなくても、綿生地で平織りならokでしたが、特別肌が弱いお子さんや、防ダニ効果のある生地が欲しいという場合は、特殊なシーツも販売されていますよ。

ささ和紙 敷き布団カバー・シングルロング アイボリー
ささ和紙 敷き布団カバー・シングルロング アイボリー
その他シーツはこちら
メイド・イン・アース ベビーフィッテングシーツ
メイド・イン・アース ベビーフィッテングシーツ
その他オーガニックコットンベビー寝具はこちら



るんるん アトピーっ子におすすめの寝具コーナーへは、こちらから

http://yoikomap.client.jp/index-baby-mo.htm


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アトピーっ子向けに、冬の寝具のメンテナンスや選び方について

    Excerpt:  「大好き!アトピーっ子」ブログで、アトピーっ子向きな、冬の寝具の選び方やメンテナンスについて、我が家でやってきた生活アイデアをUPしましたので、よろしければ参考になさってくださいね。   かけ布団.. Weblog: アトピーっ子にうれしい 卵と牛乳なしの料理 racked: 2009-10-22 15:17