おむつなし育児って、アトピーっ子には朗報かもしれません

 出来るだけおむつに頼らない「おむつなし育児」という言葉を耳にされたことはありますか?通常のトイレトレーニングは、2歳前後から始められることが多いのですが、この「おむつなし育児」の場合は、なんと、生後1ヶ月から・・・というので、驚きですね。

 でも

 コロンブスの卵・・・ではありませんが、一見無謀なことのように見えて、確かに言われてみれば、なるほどなぁと納得できる部分があります。

 と言うのも、

 離乳食期に食べさせたものから、子供の食の嗜好も始まるように、赤ちゃんの習慣づけは、親の誘導に素直に従えるため、理にかなっているように思うからです。

 自分で「おしっこ」と言わせようとすれば、おむつはずしは2歳過ぎまで待たなくては不可能ですが、おしっこしたい赤ちゃんの様子を見つけて、親がトイレに連れて行くのなら、もっと早い時期に確かに出来そうですしね。


 逆に

 親の言うことがある程度理解できて、自我も芽生える2歳位まで、おむつにそのまま垂れ流していいよと、習慣付けておいて、ある日突然、親の都合で、「パンツに今日から変わるからね。ちゃんとトイレでしてよ」と、厳しいトイレトレーニングの日々が始まっちゃうのは、子供の立場で考えたら、不条理で、切ないものです。


 そういえば、犬猫のトイレのしつけも、はじめが大切ですよね・・・

 思い出しても、本当に胸が痛くなるほど、私も一人目のときはトイレトレーニングで苦労しましたので、もうやだ〜(悲しい顔)


 賢くなったから、もうトイレで出来るだろう

 ではなくて、


 首がすわらない、まだわけがわからない時期に、「ここでするのよ」ということに習慣付けるのを試してみたかったなぁ・・・



 赤ちゃん期は、尿も便も回数も多いから、タイミングがわかるようになるまでは、垂れ流しで大変でしょうが、

 寝起きや食後、外出から帰ったとき、騒いでいたのに動きが止まるとき、下を向く・・・などなど、子供によってきちんとサインを出しているんだそうです。


ワカル、ワカル


 一人目の育児で、これらをうまく把握するのは、はじめはとても難しいかもしれませんが、も何とかもらさないようにしよう・・・と親が本気を出せば、自然と子供の様子を観察するのもうまくなります。

 すると、アトピーも含めて、病気の兆候を発見するのも上手になって、きっとソンはないですし、赤ちゃん期におむつかぶれに悩むアトピーっ子は多いから、早めに取れれば、それに越したことはありませんね。

 もちろん、人によって合う合わないはあると思います。

 汚物の始末がつらくて出来ないママもいるでしょうし、忙しくて赤ちゃんを十分ケアできない日に、無理に続行しようとすれば、ストレスがたまって腹も立ちます。

 楽しく育児が出来る範囲で試せるならいいですね。

 おむつなし育児って、頭で考えるよりも、やってみたら案外良かったと思えることかもしれないなと感じたので、ご紹介しました。



るんるん おむつなし育児のHPでは、やり方などの方法が、より詳しく載せられています。こちらから
http://www.omutsunashi.org/

るんるん おむつなし育児でも、もちろんおむつも併用しながらすすめてゆきます。おすすめの布おむつコーナーへは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/om-n.htm
股おむつカバー(内ベルト) 二重構造 90
股おむつカバー(内ベルト) 二重構造 90
その他布おむつカバーはこちら
]]むむ bambinomio (バンビーノミオ) ミオケア 1kg
bambinomio (バンビーノミオ) ミオケア 1kg
その他布おむつ用洗浄用品はこちら
]]むむ bambinomio (バンビーノミオ) ミオソフトカバー ファンキースポット XLサイズ
bambinomio (バンビーノミオ) ミオソフトカバー ファンキースポット XLサイズ
その他布おむつはこちら

かわいい 安心してアトピーっ子に使える、おすすめな食材や日用品がそろっています。
アトピーっ子におすすめの商品HPへは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/index.htm


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック