お肌がかさつく季節には、コラーゲン。お子さんには、食べ物で摂取しましょうね

 寒くなると、気になるのがドライスキンを起こしやすい、アトピーっ子のお肌のかさつきですね。

 湿疹とは異なるので、アレルギー用の軟膏を塗るべきではありませんが、そのまま放っておくと、肌トラブルのきっかけになることも多いから、必要なら、保湿剤をお風呂上がりのように吸収されやすいタイミング(お風呂上がりすぐ)で少し補ってあげるのが効果的です。

 でも、基本的な対策として、もっと大切なのは、体の内側から潤す・・・と言う発想だと思います。

 保湿剤を塗っても、潤うのはせいぜい、皮膚の表面の角質層だけです。

 でも、ちゃんとした食生活を送ることで、角質層を生み出している その元になっている真皮層を元気にして、より健康的な皮膚を保つことが出来ますよ。

 お肌の潤い・・と言えば、コラーゲンがピンと頭に浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんね。

 コラーゲンは、簡単にサプリメントやドリンクで補うことも出来ますが、タンパク質の一種ですから、当然、アレルゲンとも関係してくる素材です。

 そこで、安心してコラーゲンをお子さんに補おうとすれば、ご自宅での調理で補うのがおすすめですよ。

 前回、「秋からは、煮物がおすすめ」と載せましたが、コラーゲンは肉や魚を煮込むことで、簡単に摂取することが出来るんです。

 ある程度時間をかけて煮ることで、煮汁にコラーゲンが染みだしてきますので、煮物や汁物の調理がおすすめ!

 コラーゲンが多く含まれていると言われる食材として

 手羽先、鶏の皮、鮭、うなぎ、ぶり、カレイ、アンコウ、なまこ、牛すじ、牛テール、レバー、豚足などがあげられますが、これからの季節なら、これらを骨や皮ごと煮込んで、鍋にして食べるのもいいですね。

 コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨などに多く含まれますので、カレイのような白身魚を煮魚にして食べる方法なら、赤ちゃんの料理にも応用出来ますよ。

 煮汁が冷めた時に、ゼリー状に固まってぷるぷるしている部分・・・あれにコラーゲンが含まれているのです。

  また、ビタミンCや鉄分も一緒に摂らないと、コラーゲンが体内でうまく再生されないと言うのも知られています。

 その点、野菜と一緒に煮込めば、確実に栄養を摂取することが出来て効果的ですね。


 皮膚のかさつきを何とかしたい!!

 と思えば

 急げば回れ方式で、まずは内側から食べて保湿!

 普段から食べてる素材を、調理して作るコラーゲンたっぷりなお料理なら、お子さんのお肌にも良くて、アレルギー的にも安心ですね。


 PC1400041.jpg
白身魚の煮物を薄味で煮込んで、赤ちゃんにも。下のように、鮭を塩味だけでシンプルに煮込んだ三平汁も、制限が多くても食べやすい料理の一つです。野菜がたくさん食べられる組み合わせです。


ソンバーユ 無香料
ソンバーユ 無香料
その他馬油はこちら
]]むむママバター 25g
ママバター 25g
その他シアバターはこちら
\1,260(税込)
]]むむオリーブマノン バージンオイル200ml
オリーブマノン バージンオイル200ml
その他
オリーブオイルはこちら

保湿は、入浴後すぐ、肌がまだしっとりしているうちに補うのがコツです。
保湿素材もいろいろありますが、ぶ厚く塗ってベタベタにせず、手の平で良く温めて、必要なところだけに薄~く付けます。厚塗りよりも、乾いた時につける回数を増やす方をおすすめします。



フラコラ 50ml*10本
フラコラ 50ml*10本
その他魚由来コラーゲン(フィッシュコラーゲン)はこちら
\4,200 → \3,609(税込)
]]むむコラーゲン10000+ビタミンC 美・トータル 10本入
コラーゲン10000+ビタミンC 美・トータル 10本入
その他コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)はこちら
\2,499 → \2,205(税込)
]]むむ豊年 Nanoコラーゲン&ヒアルロン酸 240粒
豊年 Nanoコラーゲン&ヒアルロン酸 240粒
その他マリンコラーゲンはこちら

\6,090 → :\4,830(税込)

 最近、コラーゲン入り商品が流行っているようです。
 サプリでも大人の方向けには、女性のシミやしわ、肌の潤いのために製品がたくさん出ていて、人気の商品です。マリンコラーゲン、フィッシュコラーゲンという表示があるものが魚由来の商品で、アレルギーをより起こしにくいとされていますが、これも人によると思いますので、飲み始めて何らかの違和感を感じるなら、別の商品を使われるのをおすすめします。
また、妊婦さんや授乳中のママも、摂取した成分が血液や母乳を通して胎児や赤ちゃんへ、アレルギーとして影響を与える可能性があるので、控えたほうが安心ですよ。
 キレイになりたい気持を優先させすぎて、体に合っていないアレルゲンを取り込み続けないよう、サプリ類は、体の調子を確かめながら利用される事も大切だと思います。


るんるん ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック