生協を利用して安心安全な食材をそろえることについて

 私は週一で、地元の生協の集団購入を利用しています。

 カタログを見ながら、有機栽培野菜や産直肉が選べるので、こだわりのある生鮮食品を求めて、自然食品店にわざわざ足を運ぶ必要もないから便利ですよ。

 ただ

 カタログには、普通のスーパーで売られている、ごく一般的な商品も掲載されています。

 生協のビギナーさんは、カタログに載せてあるものや、生協の店舗に置いてある商品は、全て安心安全な商品だと勘違いされている場合もあるようですが、そうではないですね。

 あれ?なんで?

 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私が利用している生協はそんな感じです。

 生協仕様のオリジナル商品もありますが、自然食品店の小売りよりも大きな規模の宅配商売をするために、自社商品だけで売り場がガラガラにならないようにとするためか、生協の決めた食の安全のルールに照らし合わせて、


 この農薬が使われてる商品は置かない

 こんな食品添加物が入っている商品は置かない


 と言う決まり事をクリアした商品なら、QPも、エバラも、デルモンテも、おおよそ名前の知られた一般企業の加工商品は、たいていカタログに載せてあります。

 要は、その中から食品添加物や農薬に配慮がある商品かどうかを、安心安全を見極めて選び出すことが出来るかどうかがポイント!

 上手に選ぶことが出来る目さえあれば、わざわざネットやカタログ通販でお取り寄せしなくても、意外なものが楽に手にはいるので、とても便利なシステムだと私は思います。

 特に気に入っているのが、冷凍魚ですね。

 魚は、晩に買って、翌日調理しようとすると、もう鮮度が落ちていますので、買った当日に食べるか、塩をふってしめたり、みそ漬けなどに加工しておくのがベターですが、子育てで忙しければ、なかなか出来ませんよね。 もうやだ〜(悲しい顔)

 鮮度が悪ければ、じんましんが出ることもあるし、アトピーにはマイナスです。 


 けれど、冷凍魚なら、前の晩に冷蔵庫へと移動しておくだけで、上手に解凍出来て、朝から甘塩鮭を焼いたものを食卓に並べてあげることが出来ますし、干物類も同様に解凍して、より鮮度よく食べられます。

 肉類も同様で、しばらく買い物に行かなくても、冷凍魚や冷凍肉があれば、好きな時に取り出して、おかずがパッとつくれちゃう。

 出不精の私や、幼い子がいて、買い物がままならない若いカップルのご家庭に、うってつけのシステムですし、安心安全にこだわった食材で調理してあげたいアトピーっ子にもいいですよ。


 ただ

 わざわざ集荷所になっているお宅まで取りに行かないといけないし、その時間に在宅する必要があって不便なのが嫌がられるのか、最近は、直接自宅へ配達してもらう個別配達が増えているそうです。

 地域によって、いろんな生協が販売を展開していると思いますので、食の安心に興味がある方は、調べてみてはいかがでしょうか?


  ちなみに・・・・


 共同購入は、私にとって、普段つき合いがない地域の人との出逢いの場でもあります。

 もう十年ほど、今のグループに所属していますが、年が一回りも二回りもちがう女性と知り合いになれて、週に一回会うたびに話がはずみます。

 お子さんのアトピーがきっかけになって入会したと言う方も案外多いので、よい出逢いがあるといいですね。


IMGP65461.jpg
これは黒豆の甘煮です。この間、「炊いたから」と、集荷所でいただきました。すんごくお上手で、おいしかったので、しっかり作り方も教えてもらいましたよ 手(チョキ)

食の安全を求めて人が集まるから、それに関する会話も生まれて楽しいです。


るんるん 安心安全な食材の選び方について、以前書いたものです。よかったら参考にしてくださいね。
http://yoikomap.nobody.jp/food3.htm



るんるん ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック