すももの季節ですね。さてどうやって食べようか。

 きのうは実家から、「すももが赤くなった」の知らせをもらって、ホイホイ出かけてどっさりもらってきました。

 とは言っても、好きなだけ持って帰れるけれど、これが、セルフサービス。しかも、なかなかに重労働でした。

 さすがは、果樹を植えるのが好きなだけで、全く手入れをしない父が、植えっぱなしにしているだけあって、すももは確かに鈴なりだけど、赤く色づいた果実は、首がだるくなるほど見上げる高い位置にあって、無駄に遠かった。


 それでも、無農薬のすももって、皮ごと安心して食べられるから、貴重でありがたい!・・・と、私は思うのです。 [わーい(嬉しい顔)]

 結局、2メートルほどの脚立をかけて、その頂点に座り込み、あとは、通販でもおなじみの、高枝切りはさみを、なぎなたみたいに ブンブン振り回しながら、そこから はるか上の方に見えているすももを採るために、悪戦苦闘の30分 [どんっ(衝撃)]

 熟しておいしそうに色づいたすももほど、下までおろす間に枝からポロリと落下して、地面に激突!なかなか無傷では採れなかったのですが、あんまりたくさんあったので、大きめバケツに一杯半ほど収穫させてもらいました。

 
IMGP58451.jpg
じゃじゃ~ん!苦労の結晶。でも、これはなんて言う品種なんでしょうね?

 さっそく赤紫に熟れたのを選んで、皮ごとガブリと食べたら、甘くておいしかったぁ [るんるん]


 ちょっとおすそ分けしてきましたが、この写真のは赤くてキズがない上玉ですが、これ以外に、お見せ出来ないほどたくさん、落下時にキズが入ったのが採れています。

 それらは出来るだけ早くに、ジャムなどに加工しなくちゃねと、ホクホクしながら仕分けして、今日は、とりあえず冷蔵庫に入っています。

 ちなみに、ダンナは「すもも酒 [揺れるハート]」がご希望だそうです。



お米のジャム 140g 【ケンコーコム】       手造りジャム プレザーブスタイル ブルーベリージャム 330g 【ケンコーコム】         
お米のジャム    手造りジャム プレザーブスタイル ブルーベリージャム
\598(税込)          \735(税込)   どちらも人気商品です。

すももジャムの市販品もあるのですが、あんまりメジャーじゃないですよね。やっぱり王道は、イチゴだったりブルーベリーだったりするハズ・・・と、思っていたら、国産のお米と糀で造った甘酒ペースト(お米ジャム)と言うのが、すごい人気なんです。これは、砂糖の代わりに料理やお菓子にも使うようですから、マクロビオティック系の料理で活躍しているのでしょうね






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック