アトピーっ子におすすめのお菓子。赤ちゃんにも

アトピーっ子におすすめのおやつについて、何回かに分けて載せたいと思います。

 「おやつ」って、幼いアトピーっ子を抱えているママには、一番頭が痛い問題じゃないかと思います。

 ちなみに

 私がまだ、アトピービギナーであった頃、アトピーっ子のおやつって、アトピーっ子向けに売られている「卵や牛乳不使用」とか、あるいは、「小麦不使用」の表示があるお菓子を買うのが、一番いいのだと思っていました。

 もちろん、それもおやつの一つとしてアリだと思うのですが、一般店に広く置かれていない商品は、少し遠出して買いに行ったり、わざわざ通販で取り寄せないと手に入らなくて、とても不便ですよね。

 しかも、特殊なお菓子って、そんなにたくさんの種類があるわけではないので、どれも似たような味だったり、食感だったします。


 じゃあ、どんなお菓子が他にあるのでしょうか?


 アトピーっ子のおやつを選ぶ観点って、いくつかあると思います。


 その一つはもちろん!

 「アレルゲンを含まないお菓子」

 ですよね。

 明らかに、食べられないとわかっている素材があるなら、それを含まないおやつを食べさせるのが先決です。


 特に、何がアレルゲンか 全てがはっきりとはわからない状態だから、とりあえず、卵や牛乳を含まないおやつを捜そうか。。。。と考えていらっしゃるのなら、アトピーっ子専用菓子でなくても、それらを含まないおやつって、案外あるものなのですよ。


 その時に


 「甘くないこと」


 「農薬や添加物に配慮すること」


 なども、やはりアレルギーに関係してくるキーワードなので、気にかけておく方がいいと思います。

 特に赤ちゃんの場合は、農薬や着色されたお菓子や保存料、化学調味料などの薬品類にも敏感な場合が多いですよ。


 アレルゲンを含まなくて、出来れば甘くなく (もちろん、たまには おやつですから甘くてもOK)、添加物に配慮があるお菓子・・・。


 そんなお菓子のヒントの一つが、赤ちゃん向けのお菓子です。


 
 赤ちゃん用に作られている、せんべいやポンせんなどの場合は、添加物に配慮がある商品も多いし、原材料に油脂さえもあまり使われていないのです。

 これなら、卵と牛乳、小麦程度の制限のお子さんには、使いやすいと思いますよ。

 また、甘くないと言う点でも、アトピーっ子にピッタリです。

 赤ちゃん期から、甘いお菓子に慣れさせていると、舌がだんだんと甘味に鈍感になってしまい、より甘いお菓子を欲しがるようになります。

 するとどうしても、料理の味付けそのものも、だんだんと甘く濃くなってしまいがちですが、ポンせん程度の甘さを、おやつの基準値にして乳幼児期に与えるようにしておくと、甘味よりも素材そのものの うま味や滋味がわかる舌を育てることが出来るから、甘味控えめでも十分満足出来るようになり、赤ちゃん向けお菓子は、いいこといっぱいです。

 例えば、先ほども挙げた、ポン菓子(米菓子も)、ポンせんべいの他に、赤ちゃんせんべいや米菓子などもいいですね。



創健社 ヒエコロコロ(ひえ菓子) 【ケンコーコム】            ポロロ ホワイトソルガムサブレ メープル 【ケンコーコム】
創健社 ヒエコロコロ(ひえ菓子) 】         ポロロ ホワイトソルガムサブレ メープル
[グッド(上向き矢印)]
俗に言う、ポン菓子、ポンせんべいのような、素材をパフさせただけで油も使われていない商品は、赤ちゃんから幼児まで食べられますし、普段のおやつに使うのには ピッタリだと思います。右のようなクッキー系は、中途半端な商品を利用せずに、アレルギー対応のちゃんとしたものを買えば、混入の心配が無くて安心です。

特に、甘いクッキー系は、たま~に利用すると効果的ですよ。お出かけ先などで、どうしても静かに待っていて欲しい時などに、普段 食べないお菓子をもらえると、子供って、しばらくは とってもお利口さんです。

るんるん他にも、赤ちゃん向けなら、こんな商品がありますよ。
http://yoikomap.client.jp/babyfood-1-1.htm

かわいいクッキー系なら、こちらから
 http://yoikomap.client.jp/babyfood-11.htm




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック