キッチン菜園って、エコ栽培。ご存じでしたか?

 へーー、ここまで来たのかぁ・・・と、ちょっと驚いた記事をWebで読みました。それがキッチン菜園です。

 最近の節約ブームで、家庭菜園の人気が高まっていると言うのは聞いていましたが、さらにもう一歩進んで、室内でも野菜栽培をするのが、静かなブームになっているそうです。

 しかも、キッチン菜園で使用するのは、本来は捨ててしまう野菜の根や芯などだそうで、まさに究極のエコ栽培。


 例として挙げられていたのが、ニンジン、豆苗、キャベツ、ねぎ、三つ葉、にんにく、ハーブ類など。


 実は私もこういうのは好きなので、以前からいろいろ試していましたが、私の一番のおすすめは、豆苗ですね。


 これはすごいです。


 購入時の袋にも書いてありますが、トレーにそのまま根を移して、水を替えながら待っていると、きっちり二回収穫出来ます。


 おすすめ! るんるん


 「豆苗」そのものが何なのか、耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんね。


 これは、豆を緑色に発芽させた、ちょっとした青菜のような使い方が出来るもやしの一種です。

 根元から刈り取って、さっとゆで、おひたしで食べてもいいし、炒め物に加えて、緑色を添えても、いい。

 ちょっと固めの軸が水菜にも似た食感です。


 次におすすめが、ねぎですね。

 これは、ちゃんと土に植えた方がしっかり収穫出来るので、どちらかというと、家庭菜園向きかなと言う気がします。

 でも、ほんの二、三㎝食べ残しておいた根を植えておくだけで、またしっかりと、食べられるねぎが再生してくるから、これも感動ものですよぉ。 わーい(嬉しい顔)


 逆に、ニンジンの水栽培は、よく話に聞きますが、葉を収穫しようと思えば、かなり切り残さないと、たいして収穫出来ないから、これは、先まで全部食べた方がお得じゃないかなぁ・・・・


 意外だったのが、キャベツの芯。


 へー、これはやったこと無かった・・・・。いつもギリギリまで食べちゃってるからなぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


 昔、家庭科で習った時には、キャベツの芯は捨てるように教えてもらいましたが、マクロビオティック的な料理を習ったら、本当に栄養があるのは、普段 捨てていることが多い野菜の皮や芯の部分なのだと、別の料理の価値観を教えてもらうため、なかなか芯も捨てるに忍びなく残りません。

 
 これは、一体どの程度に葉が育つのか気になりますね。


 う~ん ちっ(怒った顔)


 全て食べるか、残して育てるか 

 それが問題だ・・・・。


 哲学みたいになってしまいました。 あせあせ(飛び散る汗)


 一体、本当にお徳なのは、どっちなんでしょうねぇ?


 いずれにせよ、これからの季節は、芽が出るスピードも速いけど、水が腐るスピードも速いので、出来るだけひんぱんに水を替えたり、根を流水で洗うなどして管理しておかないと、もうすぐ収穫か?・・・と言う時になって、ぐったり腐ってしまうことは多いから、どうぞお気を付けて。


 ちなみに、こんなキッチン菜園の話が詰まった読本「今日から育てる キッチン菜園読本」は、配布してもらえるそうですよ。

 希望される方は、300円分の切手を同封して、〒150-8363 東京都渋谷区渋谷1の15の12、ベターホーム協会「キッチン菜園読本」係へと言うことでした。

 さて、この夏は、キッチン菜園も始めてみますか?


もやし栽培にも一時期はまりましたね。これも水栽培だけで出来る、キッチン菜園です。栄養満点!

スプラウトレシピ―発芽を食べる育てる

スプラウトレシピ―発芽を食べる育てる

  • 作者: 片岡 芙佐子
  • 出版社/メーカー: 創森社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック