プール開きでアトピーっ子に気にかけてあげて欲しいことと、紫外線カット

園や小学校でプール開きが行われるシーズンです。そこで、アトピー気味のお子さんに気にかけてあげたいのは、プールの塩素と紫外線です。

 お風呂の塩素でも、肌が荒れるのが気になる子がいるのですから、塩素濃度が濃いプールは、時に肌の刺激になる事もありますので、気をつけて。

 プールから帰った日は、お風呂などで肌の様子をよく観察し、プールが始まってから、悪化していく感じがしたら、先生にお伝えして休ませることも必要だと思います。

 また、プールサイドは日差しが強いので、プールサイドに座っての待ち時間だけで、強烈に焼けて肌を傷めることもあります。

 日陰があれば一番よいのですが、なかなか全員で入れる日陰は用意されていないと思いますので、私は先生にお願いして、バスタオルをかぶらせて待たせるよう、指導をお願いしていました。

 見学の場合も、日陰がおすすめです。

 今は、単に紫外線でアトピーが悪化するからと言う個人的な理由だけでなく、他の子全員に当てはまる理由がいくつかあるため、先生に配慮を言いやすくなった感じはします。

 例えば、

 地球温暖化が進んで、昔より日射しが強烈なため、熱射病になりやすい

 とか、

 紫外線は皮膚ガンの元として、欧米では、教育現場でも紫外線カットが常識になりつつあるなどの実態がある 

 など、

 うちの子の為だけでなく、他のお子さんにもいいことだから、紫外線カットは、学校全体で配慮して欲しいと持ちかけるのです。

 幼いお子さんほど影響は大きいので、保育園や幼稚園では、かなり紫外線への理解度は高まっているように感じます。

 また、初めて親の目を離れて、集団でプールへはいるお子さんの年齢では、プールから出た後、ちゃんと塩素を洗い流していない場合もあると思います。

 お子さんにも、ていねいによく洗うよう話しておくと共に、担任の先生に、ちょっと気を付けてみてくれるよう、お願いしてみてはいかがでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プールや海での紫外線は、水面からの光の反射もあるため、普段より強くなっています。そこで、赤ちゃんやアトピーっ子向けには、優しい成分の日焼け止めをどうぞ。

ただし、アトピーの湿疹がひどい部分に日焼け止めを塗ると、かえって良くない場合もあるので、湿疹や肌荒れがひどくない場所がいいですよ。

商品には相性もあるので、湿疹がない場所などに、ちょっとしたお出かけ時に試しに半日ほど使ってみて、問題がないようなら、常時使うといいですね。

プールなどの場合、顔の他には、首の前後と肩から背中上部にかけてが激しく焼けますので、ポイントを押さえて使ってみてください。

また、幼い子は顔を石けんでうまく洗わせてくれないこともあるため、目の回りなどに塗らないようにします。

パックスベビー UVクリーム 30g 【ケンコーコム】       キャリネス キッズ&ベビー UVケアクリーム(SPF25 PA++) 30g 【ケンコーコム】
パックスベビー UVクリーム 30g       キャリネス キッズ&ベビー UVケアクリーム(SPF25 PA++) 30g
\630(税込)          \2,800(税込)
塗った成分は、その日のうちに、必ず落とす事が大切です。石けんで簡単に落とせる商品は、その意味でもおすすめ。
  ルバンシュ エポカルUVプロテクト 【ケンコーコム】 
ルバンシュ エポカルUVプロテクト 【ケンコーコム】
\2,310(税込)
虫よけ効果もある自然派の日焼け止めです。野外で遊ぶ時にはピッタリなので、一番人気です! 

●その他の低刺激な日焼け止めへはこちらから    
http://yoikomap.client.jp/baby-shirt-2.htm#1



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック