マクロビオティック料理でも使われる甘味料いろいろ

 ずっと、アトピーっ子の甘味料について連続で載せてきましたが、今回は、自然食系の甘味についてご紹介したいと思います。

 かつて、除去食も伴う子供のアトピーで悩まされていた時に、卵や牛乳を使わないでもおいしく作れ、しかも、健康的な食べ方はないものかと、いろんな料理法を習っていました。
 
 中でも、玄米食や菜食を中心に献立を組み立てる、マクロビオティック料理の教室で習っていた時に出てきた食材は、それまで利用したことがない素材も多くて、とても新鮮でした。

 たとえば、通常なら私達が当たり前のように、料理やお菓子作りに利用する白砂糖を、全く使わないのです。

 代わりに使う料理の甘味と言えば、みりん程度。しかも、乾物の持つ甘味を上手に引き出しながら、砂糖を使わずに、おいしく作ったりも出来るのです。

 もちろん

 おやつと言えども、白砂糖が使われることはなく、米あめやメープルシロップ、甘酒などを利用して甘味のあるお菓子を作ったりしますし、時には、レーズンのような、ドライフルーツが甘味の主役になったりもあります。

 もともと、制限食を指導していただいていた医師からも、腸内環境を悪化させる砂糖は、出来るだけ控えるようにと指示を受けていましたので、それまで、何の疑問も持たずに、料理本で指示される分量どおりに使っていた砂糖を減らすことは、アトピーっ子の体にも いいに違いありませんでした。

 マクロの世界を習うことで、砂糖の量を減らしながら料理を作ることを覚えたのは収穫でしたね。

 また、サトウキビがダメなお子さんにも、これらの甘味はピッタリだと思いますので、代用食の甘味としてもおすすめですよ。

 食べ物での制限が多いときは、いつも砂糖を使うのでなく、いろんな甘味を利用して、回転させながら使うことも大切だと思います。これらの甘味も、ぜひ利用してみてくださいね。

オーガニックメープルシロップ 250ml    ムソー もち米飴 450g
オーガニックメープルシロップ           ムソー もち米飴

楓(カエデ)から採取した樹液を煮詰めてできた甘味が、メープルシロップです。ミネラルもたっぷりな、自然素材なので、ちょっと値段は張りますが、甘くて、いい香りです。もち米飴は、そのままスプーンにとってなめても おいしい優しい味です。

NOVA 有機栽培レーズン         NOVA 有機栽培干しいちじく
NOVA有機栽培レーズン        NOVA 有機栽培干しいちじく           
砂糖を増やす代わりに、ドライフルーツを加えて作るおやつ作りもおすすめの食べ方です。

例えば、ホットケーキを焼く時に、砂糖をスプーン一杯分減らして、その分、刻んだレーズンをスプーン二杯分入れると十分甘くなりますし、食物繊維やミネラルも一緒に摂取出来るから、より健康的におやつが食べられるんです。干しいちじくも便秘解消にはもってこいのアイテム。ドライフルーツは、甘さ+ヘルシーな甘味です。

おこめのケーキミックス粉 120g*2袋 【ケンコーコム】            ムソーオーガニック 小麦粉 全粒粉 500g 【ケンコーコム】
おこめのケーキミックス粉 120g*2袋        ムソーオーガニック 小麦粉 全粒粉 500g

[るんるん]マクロビオティック料理でよく使われる調味料へは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/innew3-11-m.htm

[かわいい] メルマガの2月号では、マクロビオティック料理も特集しています。
http://yoikomap.nobody.jp/magpre.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック