自己流の食事制限では、完全には除去出来ていないことが多い

制限食を指導してくれる病院について、連続して載せてきました。ここまで続けて読んでいただいたら、

 ああ、そんな病院でうちの子を診てもらいたい、どこにあるの?


 と感じる人は、たくさんいらっゃるのではないかと思います。 

 でも、いちいち日誌を医師がチェックする こんな方法だと、一人を診るのに時間がかかりすぎて、病院の経営が成り立たないため、残念ながらこの方法で、ていねいに診てくださっている病院を見つけるのは、とても難しいのではないかと思います。

 お近くにあればラッキーですが、予約はひんぱんには取れない上、何時間もかけて他県で診てもらうのは、本当に大変です。

 なのに、診ていただいている医師に、「卵と牛乳と小麦に反応しているようです。食べるのを控えたほうがいいですね」などと、言われたら、否応なく自己流で除去する必要に迫られてしまいます。

 でも、アトピーに伴う除去というのは、
食物や生活の中に潜んでいるアレルゲンを、広い視野で探し出して遠ざけるための膨大な知識も必要 ですから、本来は、とても専門的で、難しい作業です。

 私の場合も、先に書きましたように、診察の初日に、アレルゲンをうっかり子供に食べさせないようにと、栄養士から時間をかけて手ほどきしてもらったにもかかわらず、あまりにも いろんな注意事項があって複雑だったので、頭の中は混乱して、半分パニックになりました。

 しかも、しばらくは、診てもらうたびに、加工食品からアレルゲンを摂取している事を指摘されて驚きました。

 それだけ気を付ける点が多く、除去は難しいものなのです。

 それを、医師や栄養士にていねいに指導してもらわないまま、除去を試みても、たぶんどこかに盲点があって、知らないうちに少しずつ摂っている場合の方が多いのではないかと思います。

 あるいは、食品ではなく、農薬や化学調味料をはじめとする食品添加物の方に反応している場合だってあるのです。

 だから、

 もし自己流で除去しているのに、なかなか成果が現れなかったからと言って、「除去しているのに良くならないのは、別の食物アレルギーがあるせいだ」と勘違いして、除去する食材の数がエスカレートしてしまわないよう、どうぞ気をつけて下さいね。

 アレルギーへの知識が未熟なまま、食べるものをたくさん制限してしまうと、時には大切なお子さんの成長を止めてしまうほど、過激な食事制限に陥ってしまうこともあるのです。 [もうやだ~(悲しい顔)]


ホワイトソルガム 粉 500g             タピオカ粉末 600g
ホワイトソルガム 粉              タピオカ粉末
制限食に便利に使える素材は、いろいろ出ています。小麦が使えないと、とても困りますが、ホワイトソルガム粉などは、薄力粉の代わりに使うのにいいですよ。タピオカ粉は、片栗粉代わりに使ってみてください。

るんるん 除去食の時に、便利に使える粉類については、こちらにもまとめて載せました。
http://yoikomap.client.jp/index10-2.htm


この記事へのコメント