アトピーっ子の食事を除去することについて

 卵と牛乳を使わないで作る、野菜中心のレシピを載せたメルマガを発行しています。

 うちの子たちで、アトピーに伴う厳しい食事の制限も体験しましたので、幼い子がアレルギーを起こしやすい、卵と牛乳を使わなくても「こんなにたくさん食べられる献立はあるよ」と言うのを知っていただきたくて書いています。

 メルマガではもちろん、卵と牛乳は全く使っていませんが、体の成長に欠かせないタンパク質を補う素材として、豆や魚、肉などを使った料理を提案しているため、パッと見た時に、

「どこが普通の献立と違うの?」

と感じるくらいのボリューム感がある献立が並んでいるのではないでしょうか。 

 参考までに、6月の内容を見て下さればと思います。
     http://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300598233-1

卵と牛乳だけ使わずに料理してみよう!と提案されれば、他にもたくさんの自由に食べられる素材があるのですから、本当にいろいろ作れるんです。


 でも


 これに小麦や大豆、米などの制限が加われば、特殊な制限対応の調味料を使わないと、料理は作れませんので、途端に、制限がある献立作りは難しくなってきます。

 このブログを読んで下さっている方の中には、「アトピーっ子を良くするために、食事の制限には興味があるけれど、制限食を伴う治療をしている医院や医師を知らない」から 「見よう見まねで、制限をしている」と言われる方もあるのではないかと思います。

 確かに、なかなかご近所に、食事の制限について詳しく指導してくださる医師や病院はないのではないかと思います。

 それでも、母乳やミルクという栄養の補助がある頃は、あまり厳密な除去でなければ、お子さんの体の成長に与える影響は少ないかもしれません。

 でも、ある程度大きくなっても、復食出来なくてついズルズルと除去を続けている】場合や、【不完全な除去で、気がつかない間に、アレルゲンが加工品に含まれていて、実は食べているのにもかかわらず、良くならないものだから、アレルゲンでない食材までが減らされているお子さんがいるとしたら、それはとても不幸な話だと思います。

 そこで、食事制限を指導してもらうというのは、具体的には、どんな内容なのかについて、ここでちょっと、何回かに分けて経験談を書いておこうと思います。

 ちなみに、我が家は、三人の子供の治療の中で、除去も指導できる医師を、お二人体験しました。

 幸いなことに、どちらも地元で見ていただくことが出来たので、先生同士も、情報交換をされていたようで、指導のやり方や内容に関しては、ほとんど同じものでした。

 もちろんこれは一例で、全く別の地区では、ご紹介した内容と違う指導をされる医院もあると思いますので、あくまで、参考までに読んでいただけたらと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


るんるん 卵と牛乳の制限だけがある場合は、しょうゆやみそ、砂糖、酢、だし類など、和の調味料は何の不自由もなく、結構自由に使えますので、和食献立や和のおやつには困りませんよ。

それは、アレルギーに悩まされることが少なかった、昔々の日本人が普段食べていた食の文化に、卵や牛乳は含まれていなかったからです。

ところが、先にも書きましたように、大豆や小麦、米などの制限が加わると、途端に特殊な食材が必要となってきて、制限食の作り方が難しくなってきます。

マルカ こめのみそクリーミー 500g       マルカ ひえのみそクリーミー 500g
マルカ こめのみそクリーミー       ひえのみそクリーミー
例えば、これが、雑穀みそです。味噌は大豆だけで作るのではなく、米や麦も使う場合が多いので、特殊なみそを利用することになります。しょうゆも同様に、制限に応じて食材を変えたものが出ています。

るんるん その他の雑穀みそへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/index-sou-se-m.htm#1

るんるん 「卵と牛乳なし!アトピーっ子にうれしい野菜たっぷり料理」メルマガへはこちらから http://yoikomap.nobody.jp/magpre.html 

 制限食専門のメルマガではありませんが、食の安全とアレルギーに配慮しながら書いています。


この記事へのコメント