ノン大豆調味料から、天然醸造調味料へ切り替えて、より健康に! 

 食事性のアレルギーで、大豆がダメな時は、調味料もノン大豆しょうゆやみそを利用することになります。

 ただ、大豆のアレルギーは、卵や牛乳に比べたら、早い段階で解除してもらえるお子さんも多いと思うので、大豆と小麦、もしくは、大豆と米がOKになったら、味噌やしょうゆは一般品も使うことが出来るようになります。

 でもその際に、いきなり、スーパーに並ぶ安価な一般品に切り替えるよりも、まずは、原材料や製造方法にこだわりがある しょうゆやみそを選ぶのをおすすめします。

 なぜなら、安価な味噌やしょうゆの原材料は、輸入大豆が原材料だからです。

 輸入大豆は、長期運搬の為に施された薬品処理が気になりますし、安価な商品は、短期間に助剤(もちろん、その中には薬品も含まれます)を使いながら即席で製造されますので、それもどうかなと思うのです。

 それよりも、おすすめなのが、長期熟成の昔ながらの醸造法で作られたしょうゆやみその製品。

 長期熟成の製品は、味も質も、そして、体に入ってからの働きも優れていると思いますよ。

 ちなみに、大豆や大豆製品は、しょうゆやみそのような調味料も含めて考えると、卵や牛乳が日本の食文化として定着するずっと以前から、日本人の食を支えてきました。

 まさに日本の料理のベースとなる調味料ですから、私達の食生活の中でも、意外とたくさん使われている商品です。

 だからこそ、何にでも過敏な幼いアトピーっ子には、いい商品を使ってあげたいですね。

 実は、しょうゆなどは昔なら、2~3年寝かせて やっと出来上がっていたものです。もちろん、寝かせた分だけコクもうま味も深くておいしいのですが、それだけではありません。

 寝かせた期間に、酵母や乳酸菌が生きて活動していますから、ちゃんとした醸造を経て製品化された 味噌やしょうゆは、発酵食品としての価値も高いのです。

 

 かわいい しょうゆの選び方については、さらに詳しくこちらでも載せています。

 制限食や除去食が解除できたら、今度は、原材料や製造を方法にこだわりがある商品を選ぶことで、アトピーっ子に安心安全な食べ物を選択してあげたいですね。


かわいい ノン大豆みそを卒業したら、健康的な発酵食品である 天然醸造のみそへと切り替えていくのが、おすすめ。質の良い発酵食品を摂取することで、腸内環境を整えて、アトピーっ子がもっと元気になれますよ。

発芽キヌアみそ 500g    →    海の精 玄米味噌 1kg         
発芽キヌアみそ 500g           海の精 玄米味噌

 かわいい 質の良いみそへは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/index-sou-se-m.htm#3

 
 晴れ しょうゆも制限対応の雑穀しょうゆから、天然醸造ものへと切り替えてゆまといいですよ。国産大豆や有機栽培大豆の製品なら、さらによいと思います。

 キヌアしょうゆ 300ml  →    フンドーキン 有機栽培 丸大豆醤油 濃口 720ml
キヌアしょうゆ             フンドーキン 有機栽培 丸大豆醤油 濃口

 ぴかぴか(新しい) その他の天然醸造のしょうゆへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/index-11.htm

ノン大豆みそ    制限食対応しょうゆ     食用油へはこちらから

この記事へのコメント