幼いアトピーっ子の除去食や制限食について

 少なくても、2歳ぐらいまでの幼いお子さんの中には、明らかに食べ物がアレルゲンとなっているアトピーっ子が存在します。我が家もそうでした。

 食べさせたとたんに、じんましんが出たり、食べ物に触れた手が赤く腫れたり、かゆみがでたり・・・・・。すぐ反応が起こるので、それを疑う余地もありません。

 その一方で、食べた少し後から、湿疹という形で、つらい症状に悩まされる場合もあります。

 すぐ症状が出たわけではない場合は、一体何が原因なのかが さらにつかみにくく、アレルゲンが食べ物なのか、それとも、接触したことから起こる皮膚炎なのかさえ、よくわかりません。

 なんとなく食べ物かな?と思っても、疑われる食べ物との関係も、明らかになったり、不透明だったり・・・。

 はじめはだれでも、育児に素人なので、赤ちゃんとの暮らしには、いろんな悩みがつきものです。

 なのに、アトピーまで抱えてしまえば、時には、アトピーに振り回されて、時には気持ちが追いつめられてしまうママも多いのではないかと思います。

 
 我が家でも、はじめての子供が、卵製品で激しいショック症状を起こしたのをきっかけに、食べられる食材に厳しい制限が付いた当初は、本当につらかったですね。
  
 
 食べたい物が食べられないストレス。

 何を食べたらいいのか 皆目わからない苦しさ。

 食べられる物がないつらさ 



 でも、食事制限をするまでは、いくら薬を塗っても、湿疹の量が増えていくばかりで、アトピーの軟膏治療に限界を感じていただけに、食べ物の制限をすることで、はじめて我が子の湿疹が引いていくのを見たら、本当に嬉しかった [もうやだ~(悲しい顔)] ですね。

 そこで、我が家と、他にアトピー仲間の何軒かの食事制限体験を元に、もっと食事性のアレルギーに優しい食べ方や食材などについて、載せていますので、お子さんのアトピーで悩まれている方の参考になればいいなと思います。


 注意 [どんっ(衝撃)]   

 何を、どの程度まで食べられないかの個人差は大きいので、あくまで個人体験として参考になさってくださいね。読んだ後は、ご自身で最終的な判断をされて、責任を負って、慎重に食べ物をお試し下さい。











この記事へのコメント